2020年5月5日火曜日

稽古について

私は、合気道の稽古の効果の一つは、「問題解決の方法の訓練」だと思っています。

合気道の技を行うためには、まず手順を覚えなければいけません。皆さん技を見て、何回も投げ、投げられて順序を覚えます。しかし手順を覚えたのに、どこか上手くいかないことを感じることが多いでしょう。稽古の後に考えたり、指導者や先輩から助言をもらうと、さまざまな原因が明らかになります。「身体がふらついている。力みすぎている。姿勢が悪くなっている。間合いが悪い。などなど・・。」ここで「自分はダメだ。」などと悲観しないで下さい。修行者はみな完璧ではありません。技が上手くいかないのは、自分自身の能力が根本的に欠けているというわけでは絶対に無いと私は思っています。そうであるならば、稽古をして努力する意味は、無くなってしまいます。

 合気道に限らず、初めから自分の思い通りに何でもできることは何一つとしてありません。上手くいかないのは、いくつかの原因があるだけです。そのひとつひとつを丁寧に解決していけば、必ず技は向上していきます。その道筋を私たちは稽古から学んでいるのです。

問題解決の方法はとても単純です。
①現状の把握
②原因の特定
③解決策を考え実行する。

稽古に当てはめると
①「技の際にふらつく」
②「下肢の筋力が弱い」
③「下肢の筋力強化の為、基本動作の練習を増やす」
といった感じです。

この訓練はあらゆる社会生活の向上にも役立てることが出来ます。一般部はもちろん少年部でもこのような訓練を小さい頃から行うことによって、問題解決に対して逃げずに向っていく心構えが育成されます。
私はこのように合気道の稽古を続けていきたいと考えています。



2020年5月4日月曜日

子供クラスで大切にしていること

私が子供クラスの稽古で大事にしていることは、子供たちに正しい成功体験をさせてあげることです。
「何か一つの技術なり型を自分が努力をして獲得し周りから称賛される。」「ごまかさず真剣に頑張れば報われる。」といった経験を稽古の中で積ませていきます。自分で獲得したものですから大きな自信にも繋がります。人から簡単に与えられたものでは、決して本当の自分自身を信じる力は、生まれません。自分を信じる力「自己肯定感」を養うことが、何事にも挑戦していくことが出来る、心の基盤になります。

合気道は試合がありません。チーム同士が戦い相手に勝つこともありません。戦力にならない子供たちは控えになり試合に出れないということもありません。もちろん勝負や集団競技も子供たちの発達の上で大変重要な要素です。それは競争のある場面で、彼らは学んでいくことだと思います。

合気道の稽古は、勝敗がない分自分の向上に目を向けやすい特性があります。勝負は相手に勝たなければなりませんが、向上は常に相手は今までの自分自身です。

子供たちは、根源的に向上したいという気持ちを持っています。その本人たちのやる気をその個性に合わせて、最大限伸ばしてあげることが、指導者としての私の務めだと思っています。私は、この「自己肯定感の養成」を子供クラス指導で一番大切にしています。








2020年4月26日日曜日

守 破 離

修行には3つの段階があるといわれています。守、破、離です。
千利休の教えを和歌の形でまとめた利休道歌(りきゅうどうか)にある、「規矩作法(きくさほう) 守り尽くして破るとも 離るるとても本を忘るな」(教えを守り続けながらも、いつしかそれを打ち破り、離れていく事も大切であるが、そこにある基本精神は忘れてはならない)から引用された言葉です。※規矩(きく):コンパスとものさし

まず「守」の段階とは、師匠の言われた型を忠実に守り、基本を作っていきます。
合気道においては、この段階でまず合気道に必要な下肢の筋力、受けを取る際の体の柔軟性、自分のバランスを取るための中心軸を作る。このような部分を強化するものだと私は考えています。

「破」の段階では、師匠の型だけでなく他流派の型も研究し、自分に合ったより良い動きを模索し型を発展させていきます。
ここでは私以外の師範の技に、触れる機会を多く持ち、また他の団体や交流稽古を通じていろいろな人と稽古をする機会を設けて、自分の技や状態、癖などを客観視しできるようになること。またそこから自分の特性を見出し、それに合わせた技を模索していくことです。段位としては2段から3段くらいでこの状態になれると理想的です。私自身も体験してきた本部道場師範の先生方の技を多く紹介できるようにしていきます。

最後の「離」は技から離れ自在になることとされていますが、私もまだまだこの段階にありませんので、一緒に精進していく目標だと思って下さい。
ここで一番大事なのは、「本を忘るな」の部分だと思います。基本精神を見失ってはならない。基本の型をしっかり会得しなければ、形にならないという意味です。

私は合気道の稽古での一番大事な基本精神は、稽古を通じて合気道の身体、感覚を自分の中に練りこんでいくことだと思っています。この基本精神を忘れてしまっては、良い稽古になりません。単独動作の時も、受けの時も、取りの時も、剣杖などの稽古の時もすべて同じです。このような稽古を通じた体感、経験から生じたものは、必ず個人の感覚の中に宿ります。

 この修練によって出来上がったものこそが、何にも代え難い自分の努力で習得、獲得した自分の合気道を礎になるものです。これを大事に成長させる努力を怠らなければ、必ず良い合気道ができるようになると信じています。一緒に頑張っていきましょう。